乳酸菌の仲間たち

前へ
次へ

乳酸菌ラブレ菌の特徴

ラブレ菌は京都の漬物の「すぐき」から発見された乳酸菌の一種です。
ですからラブレ菌は京都生まれの菌なのです。
乳酸菌は動物性と植物性に分けられるのですが、ラブレ菌は植物性乳酸菌に分けられます。
さらに植物性乳酸菌の中でも、生き抜く力がトップクラスです。
ラブレ菌を摂ると生きたまま腸まで届くだけではなく、腸内で増殖する力もすさまじいです。

ラブレ菌の効果をご紹介します。
まずは整腸作用です。
先ほどもご紹介したように、ラブレ菌は生きたまま腸まで届いて増殖するので、悪玉菌を直接攻撃してくれます。
また、ラブレ菌は腸内を酸性化する作用もあるので、悪玉菌が棲みにくい環境も作ってくれるんです。
悪玉菌が減れば善玉菌が活性化されるので、整腸作用、便秘解消、美肌作りなど様々な健康効果をもたらしてくれます。

ラブレ菌は、インフルエンザの予防効果もあるんです。
あるメーカーの調査でラブレ菌を摂取した子供としなかった子供を比較したら、インフルエンザの罹患率には大きな差があったという報告があります。
腸には免疫細胞がたくさん棲んでいるので、ラブレ菌と摂ると免疫細胞が機能しやすくなるということです。

ラブレ菌は、肝臓の解毒作用をサポートすることもできます。
ラブレ菌を摂ると腸が正常に機能するので、肝臓の解毒の負担を減らすことができるんです。
また、ラブレ菌はコレステロールの吸収も抑制してくれます。
必要なコレステロール値はキープして、余分なコレステロールだけを排出してくれるのです。

ラブレ菌を摂るには、ヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリを摂りましょう。
ラブレ菌を効果的に摂るには、食後がオススメです。
その理由は食後は胃酸が弱まっているから。
毎日決まった時間にラブレ菌を摂ることで、体のリズムも整いやすくなります。

ラブレ菌の入った商品は多いですし、選びやすいですよ。
ラブレ菌のパワーで、健康な体を作りましょう!

ページのトップへ戻る