乳酸菌の仲間たち

前へ
次へ

乳酸菌ブルガリア菌の特徴

よく耳にするブルガリア菌とはどういう菌なのでしょうか。
ブルガリア菌は乳酸菌の一種で、形状は細長い棒です。

乳酸菌には様々な種類があり、腸に住みつくことができるものとそうでないものがあります。
ブルガリア菌は腸内に住むことができない菌です。
ブルガリア菌は胃酸や胆汁などの影響を受けて、生きたまま腸に届くことがあればそうでない場合もあります。
ブルガリア菌が死んでしまっても、善玉菌のエサになるので結果的には有効なんです。

ブルガリア菌の健康効果として代表的なものは、整腸作用です。
ブルガリア菌は腸内で消化吸収をサポートします。
そして乳酸を作り出すことによって腸内の環境を整えてくれるんです。
ブルガリア菌が作り出す乳酸は腸内を酸性に保つので、酸に弱い性質がある悪玉菌をやっつけてくれます。

悪玉菌が減ると、腸のぜん動運動が活発になるので便秘解消にも効果があるんです。
便秘が解消されると肌もキレイになります。
腸内に悪玉菌が多いと毒素を多く排出するので、これが原因で肌トラブルを起こしやすくなります。
ブルガリア菌は悪玉菌の増殖を抑えるので、肌トラブルを改善できるというわけです。

ブルガリア菌には、免疫力アップ効果もあります。
ブルガリア菌などの乳酸菌は免疫細胞を活性化させるので、風邪やインフルエンザに負けない体を作ってくれるのです。

ブルガリア菌は、ヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリで摂ることができます。
腸内環境を整えて便秘を解消したい方、免疫力をアップさせたい方、美肌になりたい方にブルガリア菌をオススメしたいです。

ただし摂り始めたからといって、すぐに腸内環境が改善されて便秘知らずの体になるわけではありません。
最低でも二週間は続けてみてください。
毎日大量にブルガリア菌を摂るよりも、毎日決まった時間に摂った方が効果的です。
ブルガリア菌の効果をより感じたい方は、食後に摂ってくださいね。
食後に摂ることで、ブルガリア菌が生きたまま腸に届く確率がアップしますよ! 健康のために、ブルガリア菌を積極的に摂っていきましょう。

ページのトップへ戻る