乳酸菌の仲間たち

前へ
次へ

乳酸菌のプロバイオティクスって何?

プロバイオティクス=乳酸菌と思っている方もいらっしゃると思いますが、実は違うんです。
プロバイオティクスとは「ヒトの体に良い働きをしてくれる細菌」のことです。

ヒトの腸には、約百兆個の細菌が存在しています。
それらはまとまって生息しているのですが、その様子から腸内フローラと呼ばれています。
腸内フローラのバランスが正常に保たれていると、腸の中も健康ということ。
プロバイオティクスは、この腸内フローラのバランスを改善するという作用もあるんです。
プロバイオティクスは菌を殺して体を守るのではなく、体に良い菌を増やすことで体を守ってくれます。

プロバイオティクスは腸内細菌と同じような作用をするので、「プロバイオティクスは腸内細菌」と思ってしまいますよね。
腸内細菌の中でも一定の条件を満たしているもののことを、プロバイオティクスといいます。
プロバイオティクスの条件は全部で七つあるのですが、簡単に紹介すると「食品や医薬品として安全性が保証されているもの」、「胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届くもの」、「腸内粘膜へ付着して増殖するもの」などの条件があります。

プロバイオティクスとして認められている代表的な微生物は、ラクトバチルス・カゼイ、クレモリス菌FC株、ラブレ菌、ビフィドバクテリウム・ロングムです。

これらの菌を摂るには、プロバイオティクスが入っているヨーグルトやサプリを摂ることです。
プロバイオティクスと一緒に摂ると、効果がアップするものがあります。
それは、プレバイオティクス。
プレバイオティクスはオリゴ糖や食物繊維のことで、乳酸菌のエサになる成分です。
食べ方の例を挙げると「プロバイオティクス入りのヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べる」ということになります。

プロバイオティクスを摂ると、腸内フローラのバランスが保たれます。
ヨーグルトを選ぶときには、ぜひプロバイオティクス入りのヨーグルトを選んでくださいね!

ページのトップへ戻る