乳酸菌の仲間たち

前へ
次へ

乳酸菌とビフィズス菌の関係

乳酸菌とビフィズス菌はどのような関係なのでしょうか?
乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌。
言い換えると、「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」になります。
また、乳酸菌もビフィズス菌も整腸作用があるなど共通点が多いのですが、生物学的に分類すると二つの菌は異なるんです。

乳酸菌は腸内で、ビフィズス菌のサポートをして、ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる役割があります。
腸内に棲んでいる乳酸菌の数は、一億~千億個。
ちなみにビフィズス菌の一万分の一~百分の一になります。
乳酸菌は乳製品、発酵食品に含まれており、ビフィズス菌と違って自然界に多く生息しているんです。

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出す細菌で、腸内に棲んでいる善玉菌の99.9%を占めています。
ビフィズス菌は乳酸菌と違って、酸素があるところでは生息できません。
ヒトや動物の腸内に棲んでいます。

乳酸菌とビフィズス菌は、作り出すものも異なるんです。
乳酸菌は糖を分解して乳酸を作ります。
乳酸菌の定義として、「糖を分解して作る代謝物の半分以上が乳酸であること」というものがあります。
ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作るのですが、乳酸よりも酢酸も一緒に作るので、ビフィズス菌は乳酸菌の仲間とはいえません。
簡単にまとめると、乳酸菌の代謝産物=乳酸、ビフィズス菌の代謝産物=乳酸+酢酸、になります。

乳酸菌とビフィズス菌は過剰に摂っても副作用がありません。
体質によって少しお腹がゆるくなるくらいです。
薬と相性が悪いということもありません。
乳酸菌とビフィズス菌を摂る場合にはヨーグルトやサプリを利用するのですが、それらを利用する場合には、毎日摂ることを意識しましょう。

乳酸菌もビフィズス菌も一度摂ったからといって、ずっと腸の中に棲み続けるわけではありません。
継続的に摂ることで、腸が善玉菌優勢になりやすくなるのです。
善玉菌やビフィズス菌を摂り始めてもすぐに効果は現れません。
最低でも二週間以上は続けてみてくださいね!

ページのトップへ戻る