乳酸菌の仲間たち

前へ
次へ

ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリット

ラクトフェリンというワードを聞いたことがあるけど、どういうものなのかわからないという方たくさんいらっしゃると思います。
ラクトフェリンは1939年にデンマークの科学者によって、牛乳の中から発見されました。
ラクトフェリンは、鉄と結合しやすいという性質がある糖タンパク質です。
名前の由来は、ラクト(ミルクの意)フェリン(鉄と結合するという意)です。

ラクトフェリンは、多くの哺乳類動物の乳に含まれています。
ヒトの母乳、殺菌される前の牛乳にも含まれているんですよ。
ヒトの母乳に含まれるラクトフェリン量は、生乳と比較すると約10倍!
特に、初乳には最も多く含まれているんです。
ラクトフェリンは母乳以外でいうと、血液、唾液、涙、鼻汁にも含まれています。

ラクトフェリンは、ノロウイルスなどの感染予防、がん予防、ピロリ菌を減少させることができます。
腸内の善玉菌を増やしたり、貧血を改善する作用もあるんですよ。

腸内の善玉菌を増やす作用があるものといえば、乳酸菌ですよね。
腸内細菌のバランスを整える作用や腸内の善玉菌を増やす作用は、乳酸菌もラクトフェリンも同じです。
この二つが決定的に違うところは、ラクトフェリンはたんぱく質で、乳酸菌は細菌であるというところです。
ラクトフェリンと乳酸菌を、一緒に摂るメリットはあるのでしょうか?
ラクトフェリンはビフィズス菌を増やす効果があるので、乳酸菌と一緒に摂ると相乗効果で腸内に善玉菌が増えやすくなります。

そんなラクトフェリンを摂るときには、サプリがオススメです。
ただし熱に弱いので、殺菌する段階で壊れてしまいます。
サプリ以外で摂るなら、ラクトフェリンが含まれているヨーグルトがオススメです。

ここで一つ注意があります。
それはラクトフェリンは牛乳たんぱく質なので、牛乳にアレルギーがある方は摂取を避けるということです。

ラクトフェリンと乳酸菌はどちらも腸内環境を改善してくれる存在です。
同時に摂取すると得られる健康効果が倍増するので、ぜひ一緒に摂ってくださいね!

ページのトップへ戻る